引越しでウォーターサーバーを移動させる際の注意点

引越しでウォーターサーバーを移動させる際の注意点

ウォーターサーバーを設置している家やオフィスが引越しをするとき、移転先がボトルの配達エリアに含まれていない場合はウォーターサーバーを利用できなくなるため解約するしかありませんが、配達してくれるのであればウォーターサーバーも引越し先に移動させなければなりません。

引越しの具体的な日程が決定したら、まずは製品の販売元に問い合わせて相談しましょう。
ウォーターサーバーは、本体の設置や運搬、回収などはすべて販売元で行うシステムがとられているのが一般的です。


そのため、引越しの日は販売元から派遣されたスタッフが来て、本体を引越し先まで運ぶことになります。

引越し業者に依頼したり、自分で運んだりすると、製品本体に万が一の事態が起こった時に損害賠償責任が生じるおそれがあるので、運搬作業については必ず販売元に任せましょう。



ウォーターサーバーを引越し先に移す際にやっておかなければならない作業で、もっとも重要なのは水抜きです。



使用中のボトルはすべて使い切って空っぽの状態にし、サーバー内に入っている水もすべて抜き取りましょう。

水抜きが不十分だと、運搬中に水漏れを起こす可能性があり、その水が機器の内部に侵入すると故障するおそれがあるほか、引越し先に設置して電源を入れたときに漏電を引き起こすおそれもあります。
水抜きの方法は製品ごとに異なるので、取扱説明書を参照したり、販売元に問い合わせたりしながら、作業をすすめていきましょう。



Copyright (C) 2016 引越しでウォーターサーバーを移動させる際の注意点 All Rights Reserved.